読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砕けた旗

隙あらば自分語り。不眠症に苦しむ夜にだけ書きます。

僕たちは「Boys」と呼ばれた

僕が通った高校のクラスは特殊だった。女子の人数が圧倒的に多く、男子のクラスメートは3人だけだった。片手で数え切れる男子に対して女子が40人以上。クラス替えもなく、同じメンツで三年間を過ごしてきた。偏差値でいえば地元では二番手三番手くらいの普通…